電子カルテの導入|サポートを受けて会社の拡大化を|ワークフローシステムの活用

サポートを受けて会社の拡大化を|ワークフローシステムの活用

メンズ

電子カルテの導入

男女

多くの病院で導入が進む電子カルテ

日本の病院では電子カルテシステムの導入が急速に進んできています。とくに大きな病院では電子カルテにするメリットが大きいために、電子化をするところが相次いでいます。大病院では院内をネットワーク化することで、効率的な運営をすることが可能となり、部署ごとでワークフローが明確化されます。大病院では患者がレントゲンやCTなどの検査を行うことが多いですが、そうした検査画像などを医師の端末で簡単にチェックすることが可能となり、スムーズなワークフローの進行に繋がります。また、電子カルテにするとデータはクラウドなどに保存することができるため、カルテの保存スペースが必要なくなるメリットが出てきます。さらにデータをクラウド化することによって、将来は患者が自宅からカルテの情報を見ることが可能になる時代も来る可能性があります。また、大きな病院である場合、部署ごとの連携を取ることが難しい場合があります。当システムはワークフローをより明確化する利点もあります。利用者が慣れるまでにはある程度の研修期間が必要ですが、使いこなせるようになればワークフローの不透明さはなくなっているでしょう。

導入後に医師などが気を付ける点

電子カルテを導入することの注意点としては、医師と患者とのコミュニケーションが疎かになりやすいことが挙げられます。電子カルテになると医師はモニターを見続けながらデータを入力することになり、患者と視線を合わせる機会が減ることが起こります。その結果として患者との意思疎通が少なくなり、精度の高い診察ができなくなったり、患者への説明が足りなくなることが起こり得ます。また、電子カルテの導入後はデータ保存の安全性を重視することが重要となります。電子カルテのデータは複数の記憶媒体で保存したりするなどの対策が必要となってきます。また、患者の個人情報を保護する観点から、カルテのデータベースへアクセスできる人を限定するといった対策が必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加