中小企業で多い|サポートを受けて会社の拡大化を|ワークフローシステムの活用

サポートを受けて会社の拡大化を|ワークフローシステムの活用

メンズ

中小企業で多い

PCを操作するレディ

節税対策の保険は主に2種類あります

好景気と不景気の波が短くなり、現在の景気が良いのか後年になってみないとわからない時代が続いています。企業を経営されている方は、従業員を守るため、企業を存続させるために日々力を注いでいます。本業が上手くいき利益が出た場合でも、重い法人税が課せられキャッシュが流出してしまいます。幾らかでもキャッシュの流出を防ぐための節税対策に有効な保険が2種類あります。1つは役員向けの逓増定期保険、もう1つは従業員むけのがん保険です。どちらも契約者は企業、対象者は役員や従業員となります。企業の存続に不可欠な役員や従業員に対し、福利厚生のための保険となります。保険料を損金に算入することで企業の利益が減り、法人税負担が減ることになります。

それぞれにメリットがあります

節税対策の商品ですが、それぞれにメリットがあります。役員向けの逓増定期は加入できる保険料が大きいこと、解約返戻金のピークが5年後程と早めに来ることです。解約返戻金が戻る際に利益が出ますが、役職員の退職一時金支払いや、高額の設備投資を充てることで、損益を相殺することができます。がん保険のメリットは、解約返戻金のピーク期間が長いこと、節税対策の他に福利厚生として対象者ががんになった際に保険料が支払われることです。数十名の従業員がいる会社であれば、相応の金額を損金に算入することができます。どちらも対象者が健康であれば加入できる金融商品ですので、節税対策向けの保険として、主に中小企業で使われています。

情報の管理を

また、会社の保険に関する情報は、文書管理する必要が出てくるでしょう。文書管理の業務には、適したアプリケーションが存在します。文書管理ソフトを上手に活用することで、煩雑な保険の情報も管理することができるのではないでしょうか。また、文書管理ソフトの活躍の場は保険情報にとどまりません。企業の重要な情報を一括で管理し可視化することができるのが、文書管理システムなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加